生活家電

【比較】ダイキン加湿空気清浄機比較MCK55Yを買うならMCK55X を薦める理由。

シックなスタイルで人気のダイキンのスリム縦型加湿空気清浄機。

2021年10月に最新2022年モデル「MCK55Y」が発売されました。

この商品、実はひとつ前の2021年モデル「MCK55X」とほぼ同じ商品!

型落ちモデルは1万円近くお得に買える!ということで、この2モデルの違いと、口コミチェックでオトク度を見極めてみたいと思います。

花粉に悩む人は検討マストアイテムです。

▼割安な2021年モデル MCK55X

MCK55X、MCK55Yの違いは?

MCK55Yは2021年10月発売の新商品で「2022年モデル」として発売されています。
MCK55Xはいわゆる型落ちで2020年12月発売の「2021年モデル」です。
55の後ろのアルファベットが順になっているわけですが、MCK55Wもまだ発売されていて、こちらは2020年モデルというわけですね。

最新モデルMCK55Y(2022年)の前モデルとMCK55X(2021年)の違い

・限定色の色
・操作パネルが抗菌仕様になった
だけです。

このダイキンのスリム縦型モデルは2015年に登場してから、基本的には構造は大きく変化していませんが
前モデルのMCK55Xではメインフィルターがパワーアップしました。

2020年モデル(MCK55W)から2021年モデル(MCK55X)の違いは大きい

・HEPAフィルタ―から集塵効果が1.4倍にUPしたTAFUフィルターを採用。
・加湿フィルターも小林製薬の持続性抗菌剤「コバガード」加湿フィルターに添着。
・水トレーに銀イオンカートリッジを搭載。
・ダイキン独自のストリーマ技術で加湿フィルターの水の細菌を除菌する機能がついた

そして、なぜか2020年モデルのMCK55Wは2021年モデルMCK55Xより高い値段で販売されています。

なので、高い方が新しいんでしょ?と間違えて買わないように注意してください。

▼お得な2021年モデルのMCK55X

▼お得じゃない2020年モデルのMCK55W

ダイキン
¥28,800 (2022/05/22 19:42時点 | Amazon調べ)
\タイムセール祭り開催中!/
Amazon

▼2022年最新モデルのMCK55Y

MCK55Xの口コミチェック

MCK55Xが発売されてからは1年以上が経過しました。
総じて満足度は高く、「買ってよかった」「さすがダイキン」と性能を評価する声がたくさんあります。

口コミから見える長所、短所、評判をチェックします。

加湿フィルターから酸っぱい臭いがする?

このスリムタワータイプの加湿機能のタンクは小さめ。
「加湿ON」でつけっぱなしで自動運転している人は1日に2回の給水が必要です。
そして気になるのは、「水が切れると異臭がする」という口コミが見られること。

しかし、「使い続けていても全く臭いなんてしない」という口コミもたくさんあります。
臭いが気になった人がメーカーに問い合わせて洗浄してもらっても臭いは変わらないという人もいて、個体差というより個人差かな、という印象。

臭いに敏感な人は一応念頭には置いておいた方がいいかもしれません。

ちなみに加湿機能を使わない人には問題は無いようです。

あと臭いを分解するストリーマ機能が稼働しているときはオゾン臭がすることも。

こちらも気になる人は気になるし、気にならない人は気にならない、という部分です。

大きさ・デザイン・カラーの口コミ

  • スリムで スタイリッシュで良かった
  • スリムで置く場所にも困らず良かった
  • スタイルが良く、操作、部品交換などもシンプルで良い商品です。

性能に関する口コミ

  • シャープ製からの乗り換え、明らかに部屋の空気が綺麗になった
  • センサー敏感に反応していつも室内は清潔で快適です。
  • 花粉の飛散が多い日でも、部屋に帰ってくるとコレのおかげで症状が落ち着く
  • 今まで男子臭のしていた部屋が、全く臭わなくなったので驚いた。旦那の部屋用にもう一台欲しい。
  • 空気がわかりやすいくらい澄みました。やはり空調メーカーとして世界トップのダイキンは違います。
  • さすが空調メーカーのトップのダイキンだと改めて感じました。買って後悔無しです。
  • 10年ほど使用していた前のダイキン加湿空気清浄機と比較して手入れが簡単で静かです。
  • 10畳部屋でも十分活用できた
  • リビングと寝室で利用していますが、花粉対策、就寝中の喉渇き対策に非常に効果発揮しています。
  • 静かでとても性能がいいと思います
  • 半年使ってみて、やはりこれを選んで良かったと満足しています。
  • 毎晩、寝室でつけっぱなしで寝ていますが、音も全然気になりません。匂いも全くしませんので、とても気に入りました

マイナス評価はやはり加湿フィルターの臭いが気になっている人ですね。

あと、1日2回の給水もちょっと面倒ではありますね。

いつまでも水が残っているより、小さいタンクで毎回すすいでキレイな水をいれるのは理想的な行動ではありますが…。

MCX55X(2021年製の方)は3万円代まで値下がりしているので、コスパからの性能としてはかなり高い方だと思います。

Amazonタイムセールで31980円まで下がっていました。
10年使えると考えれば、年3000円で花粉・ハウスダスト・カビ・ウィルス・乾燥から生活を守れるのは超ハイコスパです。


MCK55Y,MCK55X基本性能

●風量:空気清浄単独:5.5m3/分
    加湿+空気清浄:5.5m3/分

●適用床面積の目安
[空気清浄運転時]  空気清浄:~25畳(~41㎡)

[加湿空気清浄運転時]  
空気清浄:~25畳(~41㎡)  
加湿:プレハブ~14畳(~23m2)  
加湿:木造~8.5畳(~14m2)

●8畳を清浄する目安 11分
●空気清浄機本体でPM2.5への対応 0.1~2.5μmの粒子を99%除去
●広範囲のホコリを吸引 吸い込み口と吹き出し口が離れていて、
しかも吹き出し口からの風がやわらかいのでしっかり吸引します。
●人が感じる運転音を低減した内部構造 (メーカー比。ターボ運転時)。 ワイドな吹き出し口の採用と、ファンをフィルターの下部に配置することによる防音効果で、人が感じる運転音を低減。

●「花粉運転」・・・5分ごとに風量を「標準」⇔「弱」に切り替え、ゆるやかな気流を起こして
花粉が床に落ちる前にキャッチしやすくします

●ホコリ、PM2.5、ニオイをトリプル検知

●ムダを省いて節電する 空気がキレイになると「みはり運転」、ヨゴレを感知したら「節電運転」

●MCX55Yは操作部抗菌仕様

フィルタ―交換の目安

・メインフィルター(TAFUフィルター)10年
・ストリーマユニット 10年
・抗菌加湿フィルター 10シーズンごと

▼お得な2021年モデルのMCK55X

▼2022年最新モデルのMCK55Y

別売のバイオ抗体フィルター・チタンアパタイトフィルター


標準装備だけでも充分な機能が備わっているけど、さらに追加フィルターで対ウィルス装備を強化できるよ!
コロナウィルスへの効果が証明されているわけではないけど、こういう状況だとさらに安心要素が追加できるね!

●バイオ抗体フィルター 2,500円(税抜) 1枚(交換・購入の目安 約1年)
品番:KAF080A4
バイオ抗体フィルターは、フィルター表面に抗体が塗布されています。
冬場に感染が広がる感染症に対して、ウイルスの除去スピードを早めます。
ただし、抗体はどのウイルスにも効くわけでは無いので、対応範囲は狭いです。
空気が乾燥しやすい冬季に使う場合、こちらがお勧めです。

●チタンアパタイトフィルター 2,000円 (税抜) 1枚(交換・購入の目安 約1年)
品番:KAFC089A4
チタンアパタイトフィルターは、菌やウイルスを吸着して抑制するフィルターです。
様々なウイルスや菌に対して効果があります。
お部屋の空気を循環させていく中で徐々に効果を発揮します。
年中通して空気清浄機をご利用いただく場合は、こちらがお勧めです。
KAFC089A4 ダイキン 空気清浄機用交換チタンアパタイトフィルター

バイオ抗体フィルター とチタンアパタイトフィルターの併用はできません。

趣味活