通販

白髪かくしヘアファンデーション プリオールとアモロス 実際に使い比べた口コミ比較 

ふとトイレで鏡を見たときに「白髪」が見えていてドキっとしたことありますよね。
何度染めても出てくるのが、根本部分の白髪です。

白髪かくしはマスカラタイプが一番ポピュラーな感じがしますが、私が使った中で一番簡単で使いやすく、キレイに隠せるのがファンデーションタイプです。

ファンデーションタイプの白髪かくしはプリオールとアモロスが良く売れています。

両方の商品を使ったレビューと写真を公開します。

プリオール ヘア ファンデーションを実際使用した口コミ

金額は少し高い方かもしれないですが、一番キレイに白髪を隠してくれます。
硬めのテクスチャーを専用ブラシで白髪部分に塗っていきます。

表面をなでるというより、白髪部分を持って根元から白髪を塗っていった方がキレイに隠れます。
ブラシの幅が広いので、1~2分でできます。

白髪は飛び出てくるからね

プリオール ヘアファンデは見た目も使用感もべたつかない

こちらがヘアファンで使用前の何もつけていない髪。


こちらが プリオール ヘアファンデ使用後。


この写真ではカラーはブラウンを使っています。
ササッと塗っただけなので、もう少し丁寧に塗ればもうちょっと隠れると思います。
ブラウンだとかなり明るい感じです。
ファンデで隠すのは伸びてくる根本部分が多いので
ダークブラウンの方が良さそうだったので買い足しました。


左がブラウン、右がダークブラウンです。

塗ったあともベタっとしていないのはわかるかと思います。
リキッドやマスカラタイプものはベタベタしたり、固まったりしてしまうのが多いのですが
プリオールのヘアファンデーションはほとんどベタベタしません。

ちょっと触った程度では手にもつかないのですが、「ちょっと痒いな」みたいなときに爪の先で掻いてしまうと爪の先が少し茶色くなります。

アモロス ヘアファンデーションの実際使用した口コミ

アモロスは普通のファンデーションのようなパフでつけるので、プリオールに比べて髪に着く量が多いです。

塗ったあとの見栄えはアモロスの方がしっかり染まってる感じがするかもしれないです。

ただ、アモロスは塗ったあとに触るとめちゃめちゃ手につくんだよ

爪で掻いたら爪の先が確実に黒くなっているので、無意識で掻いたあとに黒くなった爪を見てビックリするのもしょっちゅうあります。

しかも量が多くつくせいなのか、ちょっと痒いんです。

しっかりと着く分、髪もちょっとぺったりしてしまいました。

値段はとても安いです。
しかも安いからといって、中身が少ないわけではなく、これ1個で相当長い間使えます。

アモロス ヘアファンデーション A ダークブラウン

アモロス ヘアファンデーション A ダークブラウン

737円(06/14 17:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

結果、プリオール vs アモロスならプリオールが使いやすい

広範囲でなければプリオールが使いやすいと思います。

番外編

ファンデーションを塗っている部分だけ徐々に染まってくれたら最高なんだけど
美容師さんがやっぱり染めにくくなるらしいよ

私も白髪が部分的だったので、その部分だけが気になり、次の美容院のタイミングまでセルフカラーで繋いでいた時がありました。
全部黒染めの人であれば、セルフの部分染めも影響が少ないかもしれませんが、全体を明るめの色味に染めるときはセルフカラーの部分がどうしてもトーンが落ちてしまうそうで、美容師さん泣かせをしていました。

そのとき、美容師さんから勧められた白髪かくしはマスカラタイプの「ナプラ ポイントリタッチ」です。

これも使っていたのですが、やっぱりファンデーションタイプのほうが使いやすいと思います!

一番失敗したもの

今までで一番失敗だったのがブローネポイントカバーです。

これもマスカラタイプなのですが、しばらく間をあけて使ったときに中で分離していたのか、開けた瞬間バシャーっと黒い水が出てきて、カーペットに大きく真っ黒いシミが・・・。

これは本当に最悪でしたね・・・。

まとめ

髪を明るくキープしたいなら、白髪染めのセルフカラーはなるべくしないで、上手に「隠す」のがベストです!
ファンデタイプのものなら外出先で気づいたときもサッと隠せるのでとっても便利です。