家、ついて行ってイイですか?

家、ついて行ってイイですか? 京成大久保のボブ・マーリー

2020年7月22日

今日の『家、ついて行ってイイですか?』で印象的だったのは

京成大久保駅前の不思議なダンサーのお父さん、八代徹さん 66歳。

京成大久保で23年、台湾出身の奥さんと中華料理店を営んでいます。

地元の人たちに愛されるとってもおいしいお店みたいです😊

お店でなんとなく踊っていたら
奥さんがそれをみて笑いだし、

それがとても嬉しくて、
1年前から急に、仕事の合間に駅前で踊るようになったといいます。

もともと対人恐怖症もあったのに、人前で踊ることで
「自分は恥ずかしくないんだ、というのを見せようとする気もちが
なんかあるんだ」と語ります。

今ではなんと息子さんもダンサー仲間として駅前で一緒に踊っています。

息子さんはインディーズで音楽活動をしていたこともあり、
歌やギターが得意。
2人が好きなカントリーミュージックで、youtubeで親子共演していくようです。

雨の日も風の日も、経営が苦しくて
ほんとうにしんどくてもお店を営業してきたお父さんが
突然駅前で踊りだしたことで変わり始めた人生。
息子さんに「クラブに行ってみたいから連れていって」と2人でクラブにいったり、
息子さんに「2人でyoutubeやろう」と言われ

「それがとても嬉しいから、
人様に見られるような、あっと思われるような踊りを覚えたい」

と笑顔で話すお父さん。

youtuberという存在を今まで色目で見ていた部分もあるけど
誰でもある日突然表現者になって
自分の場所を作れる素晴らしいプラットフォームなんですよね。

少しの勇気があれば、
いつもとちょっと違う1歩があれば
人生には新しい路地が出てくるんだな、と
とても元気をもらいました!!

八代親子のyoutubeはまだ見つけられませんでしたが
大好きなこの曲が頭に浮かんだので

SUPER BUTTER DOG – 踊る人たち

朝までSTEP刻む、君が笑ってくれるなら

お父さんが駅前で楽し気にリズムに乗っている姿が
まるでキューバやジャマイカあたりの街の風景のようだったので
勝手に京成大久保のボブ・マーリーと呼んじゃいます。

楽しい気持ちをありがとうございました!

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村