未分類

コロナ対策は自衛隊に学ぶ。本気の自衛隊体操で心と体に喝!

まったく頼りにならない日本政府を見ているとげんなりするばかりですが、
日本の自衛隊はどんなに厳しい状況でも
平常心を崩さず、淡々と任務を遂行しています。

自衛隊も海外帰国者の検査の補佐、
軽症患者等への食事提供、生活ごみの回収
軽症者等の宿泊施設への搬送支援など
国民の安全な生活を維持するために活動されています。



病院やクルーズ船でPCR検査を担当していた検査官でさえ感染が絶えない中、
自衛官への感染はいまのところ0とのこと!

日々厳しい規律と訓練で精神と体を鍛えている証明ですよね。

2011年の震災時、活動される自衛官を見て
自衛隊に入隊する女性も増えたと聞きます。

見えなくてもそこにあるかもしれない危機に細心の注意を払うこと
すべてにおいて、ひとつひとつの手順を遵守する自衛隊員の基本なのでしょう。
ウイルス対策という面だけではなく、見習うべき姿です。。

自衛隊員がどのように感染予防策をしているか。
そして本気(!?)の自衛隊体操がまとめられていました。
マスクの使い捨ては現状できない状況ですが
自衛隊体操は家から出れず完全に運動不足の体にパンチを入れてくれます。
ぜひ試してみてはいかかでしょうか!?

陸上自衛隊公式サイト